ああ~無情

毎年、鳩が藤棚に巣を作りますが
今年の巣・・・雛が落ちそうな大きさでちょっと心配です。
その後、鳩の姿をみなくなったので巣作りを途中で放棄かと思っていたら、母鳩は卵を抱き始めました。


10日・・・・
藤棚の下の草むしりを始めたパパさんの呼ぶ声・・・

案の定、鳩の雛が落下していました。
落ちたばかりだったようで、まだ生きていました。

休日で早く気付くことが出来て良かったです。
梯子をかけて、巣へ戻すことにしました。
母鳩が、なかなかどいてくれませんが、何とか巣へ戻しました。
巣には孵化してない卵がもう一つありました。

11日の朝
庭を1羽の鳩が歩いています?
巣はどうしたのか、そっと覗きました。
母鳩の羽の下で、雛が動いていました。
昨日の落下雛は無事だったようです。
庭を歩いていたのは父鳩のようです。
でも、もう1羽がまだ孵化してないようです。

11日の夕方
母鳩と雛を確認しました。
父鳩は近くの電線の上で見守っていrました。

12日の朝
卵の殻が落ちていましたので、ちょっと心配ですが
下から見て母鳩を確認できたので、そっとしておきました。

12日の夕方
下から、巣に母鳩を確認できました。
しかし、雛の鳴き声が聞こえません?

13日の朝
巣に母鳩がいません。
梯子をかけて巣を覗きました。

ああ~巣は空っぽに・・・・
雛は蛇かカラスに襲われてしまったようです。

2羽の雛が無事に巣立ったのは過去に1回のみ
あとは、孵化前に天敵に教われて毎年巣立つことなく終っています。

今年は雛の孵化も確認でき、何とか無事に巣立ってほしいとの願っていました。
しかし、残念ながら今年も雛の旅立ちを見ることができませんでした。





イラガ

今年も、桜にイラガが大発生
裏の桜の葉は、食害されて悲惨・・・

イラガ

一昨年までは、樹幹や太幹に木肌とそっくりで見つけにくい茶色の楕円形の繭を作って越冬するヒロヘリアオイラガ
が多かった。

イラガ
ヒロヘリアオイラガ

しかし、昨年からはシロに黒い縞模様の繭を作るちょっと大き目のイラガの幼虫が大量発生するようになり食害が酷い。

イラガ
イラガ

イラガ
イラガのマユ

梅雨明けたら消毒しようと思っているうちに、雑草が伸びて・・・・
マリカやディアナが雑草を食べるので、まずは庭の雑草抜きが済まないことには消毒できない状態でした。
取りあえずは高枝切狭でイラガの付いた葉っぱを取れるだけ取ったものの高いところの葉は食い尽くされています。





水遊び

久々にアヤちゃんの登場です。

去年までは蝉の抜け殻も恐がって掴めなかったアヤちゃん
今年はクマゼミの幼虫も観察できました。
抜け殻も掴めました。

今日は、今年初の水遊びもしました。
昨年はちょっと大きめだった110サイズの水着が今年はぴったりです。

あや

あや

あや

あや

草むしり

草むしりが済まないことには庭木の消毒が出来ません。
昨日は彩ちゃんの襲来で、中断となった草むしり
今朝は、パパさん午前中から頑張っていました。

午後からは小雨が降ったり止んだりでちょっと涼しくなりました。
ママは腰痛持ちなので、なるべく草むしりはしたくないのですが、パパさん一人ではどうにもなりません。
フジ蔓、ニワウメ、シモツケ、ユキヤナギなどを切り詰め、いよいよ草花エリアの草むしり開始。

きれいに時間をかけて抜くのはパパさん~
表庭・・・まだ全部は済んでいません。
庭

表は厭きたと今度は裏庭・・・
庭

藤棚の下・・・きれいになりました。
ちょっと前までは、この下でよくBBQやっていましたが最近は全くしなくなりました。
庭

私は「丁寧に草取りしていては、いつまで経っても終らない!」~と、
小雨の中、ザザザ~ッと草花の間に蔓延った雑草を毟りとって済せました(笑)
パパとの違いがはっきりでています。
それでも7時過ぎまで頑張ったんですよ!
庭

数十種類育てていた茶花も今はめっきり減ってしました。
丈夫なものだけが生き残っています。
庭

これでも、全部は済みませんでしたが、残りは来週に持ち越し・・・・
腰が痛いので、果して来週もするかどうかは疑問ですが・・・

2日間の成果
雑草と切り詰めた枝葉は16日の分、ゴミ袋6杯、18日の分、ゴミ袋10杯

腰が痛い・・・・
さて、来週は消毒まで行き着けるでしょうか・・・?

週末の害虫退治

さて、今日は山茶花と椿、松の害虫退治をしました。
草抜きが終らないので、なかなか消毒まで行きつきません。
よって、今日も捕獲作戦です。

松に付く害虫には良く知られているマツケムシのほかにも、こんな小さな青虫がつきます。
マツノミドリハバチの幼虫です。
よ~く見ないと分からないでしょう。松葉に似せて上手に隠れていますよ。
ミドリハバチの幼虫

ちょっと、拡大してみましょう。
全部取ったつもりでも翌日にはまたみつかります。
食害結構早く進みますから、一匹でも見つけたら消毒した方がいいようです。
ミドリハバチ幼虫



山茶花、椿には茶毒蛾の第2期の発生です。
幼虫が大きくならない内に早く見つけて、取り去って置かないと大変なことになります。
これが一番厄介なケムシかもしれません。
だから、4月の第1期発生時から毎日のように椿、山茶花とにらめっこです。
茶毒蛾は低い位置の葉っぱに卵を産み付ける習性があるので
葉裏に産みつけられた卵塊や孵化直後の食害が始まったばかりの葉を見つけて除去するのが最適です。

卵槐・・・毒毛で覆われていますので、肌に触れないように注意して取ります。
茶毒蛾卵塊

孵化直後の幼虫はまだ毒針をばら撒く力はありませんが、
卵塊を覆った毒毛の飛散には注意しなくてはいけません。
茶毒蛾孵化直後
3日連続で、卵槐を数箇所づつ除去しました。毎日のように、卵を産み付けに来ているみたいです。

FC2カウンター

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

*Admin

ルナママ

◆管理人:ルナママ
2001年に、ボーダーコリーのルナと共にネットデビュー(笑)。
HP作りに嵌った時もありました。時の流れに身を任せ、今はブログをボチボチと・・


『四季折々・・・』
ルナママの雑記帳
このメインブログ
更新中
Since2005/10/17~


愛犬日記
ワンズの健康記録等
更新中
Since2002/8/1~


◆ボーダーコリー『ルナの部屋』 閉鎖しました。
Since 2001/9/18
Closes 2014/4/30

ブログ検索

最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

我が家の鎹(カスガイ)たち

子は鎹、既に鎹が巣立った我が家で、鎹の役割を果たしているのはワンニャンたち。

script*KT*

メールフォーム

お名前:
あなたのメールアドレス:
ご用件名:
本文:

守りたい命、育てたい命

【ご協力をお願い致します】

*BCRN* ボーダー里親さん募集中
全国ネットのボーダーコリーレスキューのボランティア団体
↑読み込むたびに、現在新しい家族募集中の保護犬たちがランダムに表示されるようになります。


*BCF* ボーダー里親さん募集中

関西を中心に西日本エリアでボーダーコリーレスキューのボランティア活動をしているNPO(非営利市民団体)

*2008/6/14(土)
「シリアスブリーダー」と「パピーミル」とは?

  • 記事へのコメントは歓迎致します。誹謗中傷などふさわしくないコメントはご遠慮ください。
  • トラックバックは実施しておりません。従って、画像・文章などを許可無く持ち出さないでください。
  • *Admin

ワン友達のブログ

ネット通販

【お気に入りのショップをご紹介】

オセロゲーム

ちょっと強くなっていますよぉ~ 頑張って(^_-)ネッ
by Orfeon

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

計算カトレーナ

次々と出てくる算数問題を解いて算数力を鍛えます。

by Orfeon

ピンクリボン

乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝える シンボルマークです。
pinkribonss.jpg