《四季折々・・・》 ルナママの雑記帳 2016年04月

多忙な日々の心のオアシスは、2頭の癒し犬ボーダーコリーのマリカとディアナ。そして、暮らしの記録をブログへ綴ること(笑)・・・
2016/04/29(金)
過保護な娘達だから、急な気温の変化にお腹冷やしたかな?
ディアナは、昨日から、下痢ピーに・・・
マリカは、今朝の朝食をリバース・・・
今日から、暫くは療法食だね!

日向でも寒い・・・
ワンズには、久々に洋服を着せてみた。
slDSCF0124.jpg


 

2016/04/24(日)
pinkribons.gif
闘病記録③ 

4月11日
放射線科受診
画像センターより、別館地下の放射線科へ案内される。

再発予防の放射線治療は、術後2ヶ月以内に開始するのが望ましい。
一度放射線療法を開始した場合、途中に長期の休みが入ることは好ましくない。
よって、医師と相談の上、GW明けの5/9より照射開始することに決めた。
今日は、放射線治療に当たっての不測の事態に対する同意書にサインした。

乳房温存手術後の放射線療法については、「通常分割照射」と「寡分割照射」がある。
短期間で照射が終わることは患者にとっても、多忙な施設にとっても意味があることなので、放射線科医は「寡分割照射(短期照射法)」勧めた。
カナダや欧州の一部では患者の利便性を図り短期照射は既に試みられており、いづれ日本でも標準治療になるだろうと外科医も短期照射を勧めた。

「寡分割照射」については事前にネットで詳しく調べていたので、その場での同意書は保留にした。
適用条件の中に年齢制限(50歳以上)があることについての疑問を医師に尋ねそこねた。

帰宅後、もう一度放射線照射について調べなおした。
臨床データーが出揃ったら、いづれは年齢制限も外れるだろうと記載されたサイトもあった。

通常分割照射
・標準照射法 2グレイ×25回=50グレイ(5週間)
推奨グレードA(強く勧められる)

寡分割照射
・短期照射法 2.66グレイ×16回=42.56グレイ(3週間)
推奨グレードB(適用条件に嵌る患者には勧められる)
現在国内では臨床試験段階である。
(適用条件)
・50歳以上
・乳房温存手術後のpT1-2NO. (5cm以下の浸潤径、切除断端陰性、リンパ節転移を認めなかった症例)
・全身化学療法(抗がん剤)を行ってない
・線量均一性が保てる(中心軸平面での線量均一性が±7%以内)

患者にとっての短期照射のメリット
①通院の負担が減る(利便性)。
②照射期間中に起きるであろう倦怠感などの副作用を体感する期間が短い。

患者にとっての短期照射のデメリット
①寡分割照射は臨床試験段階であり、日本人の乳房や皮膚などに生じる副作用が確認されてない。
②一回の線量が多いので、放射線による急性期反応は強く出てしまうと思われる。
③保険会社が定める給付金を支払うのに必要な照射線量(普通は50Gy)に到達しない。

・浸潤性乳癌に対する乳房温存手術後放射線療法

現在は年齢等適用条件を決めての臨床試験段階なので、患者は限られてくる。
ちなみに、ここでは寡分割照射はまだ3例しか実施してないとのこと。
病院としても適応条件に嵌った私の臨床データーはほしいだろうと思うけど・・・

メリット、デメリットをじっくり勘案したが、2週間(9回)通院が長くなっても一回の照射量の少ない方が良い気がする。
「通常分割照射」を選択しようと思っている。

2016/04/24(日)
藤の花柄摘みを済ませました。
slDSCF0111.jpg

裏の草花エリアの雑草も気になってましたので
ざ~っとですが、一応済ませました。
slDSCF0112.jpg

slDSCF0113.jpg

slDSCF0114.jpg

slDSCF0115.jpg

5時間半の庭仕事
気になっていた藤棚など、やっとスッキリしましたが、
腰椎すべり症の持病持ちなので腰が痛い~!
2016/04/23(土)
昨日のマリカの転寝姿、子狐みたいで、一段と可愛かったぁ~♪
庭駆け回り、ディアナとワンプロし、遊びつかれたのでしょうね。
起さないように、ズームで、そお~っとパチリ・・・(成功!)
slDSCF0101.jpg

ディアナは、どこかな・・・
お気に入りの長椅子で、幸せオーラ満開でまったり転寝~♪
slDSCF0103.jpg

この後、食事をケージの中で・・・
slDSCF0107.jpg

食事が終わると、お水を飲みに出てきます。
「マリカ、食器持って来て!」のコマンドで、
マリカは自分の食器ではなく、まずディアナのケージから食器を咥えて持ってきます。
「マリカ、もう一つ、食器!」
次に、自分の食器を取りに行き咥えてきます・
slDSCF0108.jpg

その後は、食卓の上のオヤツの入った缶の前に・・・・
「ママ、上手くやったでしょう~ご褒美ちょうだい。」と、自慢げにお座りして待ってます。
何もしないディアナも、マリカと並んでお座りしてちゃっかりと、ご褒美のご相伴に与ってます。

このいつもの何気ない日常に、幸せを感じながら
熊本阿蘇の大地震で被災されている方々の辛い避難生活の現状を思い胸が痛みます。
被災地の皆様には、お見舞い申し上げます。
一日もはやく被災地に平穏な日々が返って来ることを祈ってます。

さて、悲しいことですが、災害が起きると支援を騙ったあらゆる詐欺が横行します。
被災者のみなさん、支援されるみなさん、どうぞ気をつけて下さい。
過去に苦い経験をして以来、私も面識の無いレスキュー団体への支援には二の足踏んでいます。
緊急時に真実を見極めるのって難しいですが、しっかりと探って信頼できる所を選びましょう。
2016/04/17(日)
昨日は、未明から携帯の地震警報が幾度と無く鳴り響きワンズも寝不足。
それでも、日中は元気に庭で遊んでいました。
午後になると、やっぱり寝不足顔?

slDSCF0095.jpg

slDSCF0093.jpg

マリカは、特に・・・
slDSCF0094.jpg

夜半から雨も降り出し静かな夜です。
今夜は、こちらは余震も伝わってきませんので
夕食後、5時間ほど熟睡していたワンズが今起きました。

マリカは室内のペットシーツに用足し済ませます。
雨の日の問題は、食後以外は屋外でないと用足し済ませないディアナです。
今ちょっと雨が小止みになったので、ディアナを連れて庭に出ました。
直ぐに、用足し済ませてくれたので、一安心。
これで、ゆっくり朝まで寝れるでしょう。

2016/04/16(土)
asozinzya160416.jpg

阿蘇神社の拝殿、楼門が倒壊のニュース見ました。
今年の3月初めの犬連れ旅行の帰りに、阿蘇神社に立ち寄りました。
阿蘇には数十回行ってますが、何故か阿蘇神社は寄ったこと無かったです。
この春は風邪気味を押しての旅行だったので、やはり翌朝には少し熱が出ていました。
しかし、今にして思えば、あの時、身体しんどかったのですが、立ち寄ってて良かった。
立派な拝殿、楼門だっただけに、とても残念です。
修復には相当な費用が必要でしょうね。
slKIMG0039.jpg

slKIMG0037.jpg

この地震はやく終息することを祈るばかりです。
2016/04/04(月)
pinkribons.gif
闘病記録②

左横からの病院全景(調剤薬局駐車場から撮影)
slP1030902.jpg

4月4日
今日の予約時間は12時・・・・待った、待った2時間待った~
1時間位かとお昼まだ済ませてなかったので、お腹グーグー
途中で、待ち時間尋ねて食事に行けばよかったと思ったのは後の祭り・・・
結局、昼食に有り付けたのは14時半過ぎでした。

主治医:  先日は大変だったね、驚いたでしょう。

私:     術後出血については、手術前の説明で聞いていたのでそんなには・・・

主治医:  帰宅後、痛みませんでしたか?

私:     はい、大丈夫でした。
       (ほんとは止血ガーゼと胸帯で寝苦しかったんだけど)

主治医:  (エコー画像見ながら)出血はもうないね、
       良かった。 リンパ液は少し溜まってるようだね。
       何度かリンパ液は抜かないといけないかも。

注射針刺して、リンパ液が抜かれた。
起き上がって、自分の胸見たら、患部がぺこっと窪んでいた。
(その後、リンパ液を抜くことは無かった。)

私:     やっぱり、傷最初より汚くなりましたね。
       (抜糸の要らない埋没法で縫ってあった。)

主治医:  そうですか、綺麗に縫ったつもりですが。
        (縫い代取られた分、乳輪が少し引き攣れた。)

私:     抉れましたね~
       (リンパ液を抜いた窪みは後日元に戻った。)

主治医:  切り取ったんだからね。
       癌は全て取り切れたし、抗がん剤も必要ないし、
       それが一番喜ばしいことですよ。 
       あとは放射線治療と5年間のホルモン療法をしっかり続けることです。
       ホルモン剤は放射線に影響ないから、すぐ始めましょう。
       放射線の方は、放射線科の先生に会って頂く事になります。

放射線科 4/11 AM10:00 予約
放射線科済んでから、外科外来

内分泌療法の開始
転移性再発防止のための治療
「アルマターゼ阻害剤 アリミデックス」30日分
毎朝、1錠を5年間続ける。


来週は放射線科受診、今後の放射線治療のスケジュールが決まる。
局部再発予防のための放射線照射は、毎日続ける必要がある。
多分5月の連休明けくらいからかな・・・

最後に最近TVで見た幹細胞移植について尋ねてみた。

私:     幹細胞移植ってどうなんでしょう?

主治医:  お腹などの脂肪を取って遠心分離機にかけてするんですが、
       気になるようだったら、XXさんには、いいかも知れませんね。
      
私:     時期的には、いつ頃だったらいいんでしょう。

主治医:  放射線で皮膚の状態も形も変ってくるんで、
       放射線治療が終わって、皮膚の状態も元通りになってからがいいでしょう。
       1~2年後、その時は、いつでも紹介状書きますから言ってください。
       ただ、保険が利かないから高いんですよね。

私:     (ええっ、まだ変形するのか・・・)
       お金は掛かってもかまいませんが、
       1~2年先には変形も気にならなく成るかもしれませんけど・・・(笑)
       

今日まで、シリコンシートとサージカルテープがバッチリ貼られて切開の傷口が見れなかった。
看護師さんも「傷きれいよ」と言ってたように、最初の傷は引き攣れもなく横にスーッと6センチきれいだった。
しかし、血腫除去手術は同じところを開くと聞いた時から、傷口が汚くなる予感。
今回は抜糸無しの埋没法で縫っているのもあり、再度縫い代取られたので乳輪も引き攣れ、傷口も汚くなった。
手術前に、きれいに仕上げて注文しといた方が良かったか?(笑)
時間が経つと少しは良くなるかな?
乳腺切除の凹みだけ幹細胞移植で治しても、表面の傷が引き攣れて汚かったら意味ないし・・・
数年は傷跡の経過観察だね。
仕事現役で頑張ってるから忙しいし、歳からしても多分このまま何もしないで終わりそうな気がする。

さて、薬局で、お薬受け取り終わったのが15時。
月初の急ぐ仕事があるので、それから会社へ~。
15時半から19時まで、びっちり仕事して、
今日の夕食は、帰りにコンビニでテイクアウト。
ああ~疲れるうう・・・。

(9月15日 追記)
放射線照射後の変形は起きなかった。
血腫除去手術後に気になった埋没法で縫った傷跡も、きれいになっている。
リンパ液抜いた時の窪みも無くなったので、幹細胞移植を考える必要もなくなった。
リマンマ用ブラの必要もなし、普通のブラでOK!
2016/04/02(土)
長らくホームステイ中だったワンズが帰ってきました。
相変わらず被写体になってくれません。

ディアナは、車の通過待ち・・・
ゲートの前から、離れません!
slDSCF0047.jpg

マリカは・・・
ディアナ姉ちゃん、何が面白くて車待つの?
slDSCF0044.jpg

夜、シャンプー後の転寝~♪
slDSCF0051.jpg

slDSCF0053.jpg

 | Copyright © 《四季折々・・・》 ルナママの雑記帳  All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド