FC2ブログ
slDSCF1130t.jpg

表庭は、マキの高木の剪定だけが済んでいませんでした。
植木屋さんにこれだけ依頼するのも~って、伸び放題でした。

意を決して、先週はマキの高木を何とか剪定しました。
脚立でも届かない枝を高枝切バサミを使って切りましたが、結構力必要です。
太い枝が切れずに凸凹に残って納得できません。
やっぱり、「高枝切はさみの太丸くん」も、必要みたいです。

脚立に上って悪戦苦闘の私に、お向かいの奥さんから、「よく頑張るね~」と声が掛かりました。
夫が足が悪くなってから、草むしり専門です。庭木の剪定は、みんな私の仕事になっています。

しかし、歳を重ねるに従い、道具揃えても、いつまで庭仕事頑張れるかと…考えてしまいます。
ちなみに、2時間の剪定で、ばね指が悪化しました~😢

昨日の朝、充電していたスマホを確認したら・・・

???

Wi-Fiの扇形のマークが出てない・・・

無線LUNのパスワード入れ直しても出てこない・・・
接続できない・・・

スマホ再起動してみたら、扇マーク出てきました。

朝から焦りましたが、
Wi-Fi接続、無事確認できました。

原因は、昨日アップデートしたからかも知れません。
アップデートの後は、再起動が必要なようです。
最近、孫とスマホでLINE始めました。
小さなスマホより、パソコンのキーボードの方が、私は使い勝手が良いです。
それで、パソコンにもLINEダウンロードしました。

以前のウェブカメラはヘッドホンが必要でした。
今のウェブカメラは、内臓マイク付きで使いやすくなっています。

価格も安くて、口コミ情報も良好な品をアマゾンで、1080円(58%OFF)で購入しました。
LOGICOOL ウェブカム HD画質 120万画素 C270

slDSCF1105.jpg

孫とのLINE~ビデオトークには、これで十分です。
毎晩、可愛い孫とのおしゃべり楽しんでいます。
カテゴリーが増えすぎたので、整理しています。

カテゴリー「ディアナのトライアル14日間」を削除。
同カテゴリー内の記事は、「愛犬=鎹たち」へ移行しました。

pinkribons.gif
闘病記録⑲

9月7日(木)

乳腺外科 
術後、1年半経過

11時に病院到着
    
受付後、採血
11時過ぎていたので、待つこともすぐに採血は済んだ。

しかし、外科待合は今日も超満員~
2時間待ちは覚悟していますので、
採血後に院内で食事済ませました。

1人だと食事10分で済みます。
食後、単行本(ハルカの空)を読みながら待ちました。

予約は11時半なのに、待つ、待つ、待つ、待つ、待つ・・・・

2時間半経過、まだ呼ばれないけど、本読むのも疲れました。
3時間待ったところで、受付に「まだでしょうか?」と訊ねたら、
ちょっと待ってくださいと・・・・
そして、今日はU先生は80名だとか・・・もうそろそろだと思いますと。

3時間半経って、やっと呼ばれました。
結局、診察室に入ったのは14時35分

毎度のことながら、総合病院では予約時間って機能してないと感じます。
他の先生は昼過ぎには食事に抜け出していましたが、主治医は昼食も取らずに診察していました。
来週は学会でいない為、特に多かったようです。

   血液検査結果  異状なし。
   両乳房の視診、触診異常なし。
   3ケ月後の12月の処方薬の受け取り 予約
   6ケ月後(術後2年)、3月の検査(マンモ、胸部X線、採血)及び診察日の予約

夏になって手指の関節の拘縮は起きなくなりました。ばね指は、相変わらずで庭仕事、家事など指に力が入ると起こっています。
主治医に訊ねたら、アリミデックスの服用は、ばね指の手術に影響はないので整形外科と相談したら良いと言われました。

次回、3月の診察予約は午後にしてもらいました。
検査は前の週に受けます。
結果を聞くだけなので、少しでも待ち時間が短いといいですが・・・
 
さて、予約票と処方箋を受け取り、
会計済ませ、病院の駐車場を出たのは15時。

調剤薬局によって、処方薬(アリミデックス)を受け取り、
薬局の駐車場を出たのが、15時25分。

朝、10時半に自宅を出てから、16時に自宅近くのスーパーに辿り着くまで5時間半。
買い物済ませて、帰宅したのが17時。

疲れましたぁ~。

今回も無事クリアで、ほっとしています。
しかし、10年経過するまで気の抜けない日々・・・
体の何処かが痛かったりすると、ふと転移ではと心配になります。
乳がんは転移が起こりやすいガンであると言うのが頭から消えません。
なんとも、鬱陶しい病です。
9月5日

今日は、先週の心臓のCT検査の結果を聞いてきました。

今回の検査で、冠動脈動脈の動脈硬化はありませんでした。
血管の中が狭くなったり、詰まったりもありませんでした。

安静時に起きた締め付けられる症状が、胸、のど、顎、歯まで上がったことから、
動脈のけいれんによる狭心症であろうと・・・。
けいれんがおさまれば、血管も元に戻り、血流も回復するのだそうです。

次に、胸痛が起きた時の用心のため、
ニトログリセリン(ニトロペン)を所持しておくことになりました。

なお、健康管理センターでの定期検診時の心電図の所見では、
昨年、一昨年と非特異性ST・T変化と記述されていました。
指導は「日常生活に注意を要し、経過の観察を必要とします。」でした。
今回、狭心症の症状が出たわけですから、定期健診重要です。


(参考)ネット情報

心電図ST・T変化
虚血性心疾患(狭心症など)による変化や、心肥大(左室肥大、肥大型心筋症)などをあらわすことが多い。

虚血性心疾患
①労作性狭心症(いわゆる”狭心症”)
運動などに伴い胸痛・胸部圧迫感などを生じ安静にしていると数分~十数分程度で改善することが多い。
心臓の血管(冠動脈)が狭くなってくると起こる。
②冠攣縮性(かんれんしゅく)狭心症(異型狭心症・安静時狭心症)
夜間・早朝などの安静時に一般的に起こり、胸部圧迫感、息苦しさなどが生じる。
発作の時間は少し長く続くことがしばしばある。
冠動脈が痙攣することによって起こる。
③急性心筋梗塞
胸痛が持続し、しばしば冷や汗や顔面蒼白・吐気などを伴うことがある。
冠動脈が閉塞しており、放置すると心臓の筋肉の壊死が起こり始め、致命的となる可能性もあり、救急受診の必要がある。

冠攣縮による狭心症は狭心症全体の40%
冠攣縮狭心症から心筋梗塞を生じた場合、3%は死亡すると・・・・
軽く考えてはいけません。