pinkribons.gif
闘病記録⑦

6月27日(月)

乳腺外科外来受診

放射線終了後、2週間
局所皮膚、傷に腫れやただれもない。
放射線による日焼けのみ。

血液検査
  薬による副作用の有無
  肝機能等のチェック

胸部X線撮影
  放射線肺炎(照射野に起こる非感染性の肺障害)が起きてないかチェック。

どちらも、異常無しでした。
今のところ、薬の副作用もなし。
肺の写真もきれい。

放射線肺炎は放射線終了から数か月後に起きる場合もあるので、次回3ケ月後にも再チェック。

最後に、局所再発のリスクについて医師にきっぱり尋ねてきました。

私; 私の局所再発のリスクって、何パーセントなんでしょうか?

医師: 術後きちんと治療受けていれば、5年以内局所再発リスクは1パーセントです。
何も治療してないと、1年で1パーセントです。
      
私: もう一つ、5年でホルモン剤終わったあとに、遠隔転移することもあるんですよね?

医師: それはありますが、XXさんの場合は、完治の可能性が極めて高いと思っています。抗がん剤の必要も無かったし、、ひょっとしたらホルモン剤の必要もないのかもしれない。悪い方へと心配するのは止めましょう。
    
とりあえず、私の5年以内の局所再発リスクは1パーセントってことです。

さて、この先、乳がん以外にも、いつ何の病気に取りつかれるか分からない年齢。
今回のような大病すると、自分の残された時間がマジで気になる。

一日一日が大切なのに、忙しさにかまけている間に時は刻々と過ぎていく。
焦れども、遊び下手だから、どう楽しんだらいいのか~?
旦那とホームカラオケ楽しんでるくらいしか出来てない。(笑)
コメント
☆まゆまゆちゃん
ありがとうございます。乳がんだけは患いたくないって思っていました。しかし、患った以上は、不安はあっても闘うしかないって度胸座ってます。そう、主人もちょっとは安心できたかもしれませんね。
2016/06/28(Tue) 01:24 | URL | ルナママ@管理人 | 【編集
勇気
ありますね、はっきり医者に聞けるなんて。
私だったら・・・聞きたいのはやまやまだけど、無理かもです。
1パーセントなんて最低の確率で、良かったですね。
ご主人様も安心なさったでしょうね。

2016/06/27(Mon) 21:29 | URL | まゆまゆ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可