硬がん

多忙な日々の心のオアシスは、2頭の癒し犬ボーダーコリーのマリカとディアナ。そして、暮らしの記録をブログへ綴ること(笑)・・・
2017/07/01(土)
pinkribons.gif

ネットで、乳がんについては嫌と言うほど調べ、罹患者ブログもたくさん読ませて頂きましたが、
「硬がん=スキルス」だと言うことは今まで気づきませんでした。

胃がん、大腸がんで、スキルスは聞いたことがありましたが、
乳がんでは、スキルスと言わずに、硬がんと表現してたんだと・・・
今日、ネット見ていて偶然知りました。
だから、乳がん罹患者ブログで硬がんだけはなりたくないとか、硬がんで無くて良かったと言う言葉を目にしたことがありました。

主治医は、「硬がん」は乳がんの中で、一番多く4割が硬がんであり、通常型の「浸潤性乳管癌」だと言われていました。
しっかり、治療すれば特別なものではないので怖がらなくて良いと・・・・。
でも、スキルスって聞くと、やっぱり怖いと思います。

(参考)
スキルス(scirrhous)とは悪性腫瘍にみられる間質が多い癌の一種で、瀰漫(びまん)性に浸潤していくものを指す。硬癌(こうがん)ともいう。語源はギリシャ語のskirrhos(硬い腫瘍)。胃癌、大腸癌や乳癌でこのような形での発育・浸潤がみられることがある。

この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:   

 | Copyright © 《四季折々・・・》 ルナママの雑記帳  All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド