今日はタバコに関する職場環境についてご提案と称して
話題の加熱式タバコ・フィリップモリス「iQOS(アイコス)」の営業マンが来ました。

会社せは喫煙専用ルーム設置するなどして、対策は取っていました。
今日はどういう提案かと話を聞いてみたら、単に加熱式タバコのお薦めでした。
しかし、前から興味あったので、この際、試してみたらと夫に・・・
「止める気になったら、いつでも止められるんだから、そんなの吸うくらいならタバコ止める。」と・・・。
一度、どなたかのを試しに吸ったことあるようで、
「不味かった。」と、全く聞く耳持ちませんでした。
残りの寿命を考える年齢に至っている夫は、
今更、禁煙する気などは微塵もありません。

アイコスの営業マンも、
「説明が至りませんでした。」と苦笑。
パンフレットだけ置いて撤退しました。


******************************

私は、タバコが大嫌い・・・
煙が漂ってくると、肺が呼吸が苦しくなります。

夫に、禁煙パイポを与えたこともありました。
電子タバコを勧めたこともありました。
「止める気になったら、止められるんんだから、そんなのいらない。」
と、その時も拒否されました。

家では、私が嫌がるので、キッチンの換気扇の前で吸っていますが
それでも、煙は漂います。
30数年、ず~~っと副流煙を吸わされ続けています。

10年前、会社の事務を手伝うようになった時、
さらに、副流煙を吸わされる羽目になりました。

事務室では、夫含めて2人が常時タバコを吸っていました。
デスクで仕事しながら、プカプカ・・・
副流煙を出しまくり~
換気扇付けたり、窓開けたり対処しましたが、
それでも、息苦しかったです。

灰皿が出ていると来客も、ここの事務室はOKなんだとばかりに、当然のごとく吸い始めます。
狭い室内で、数人で吸われると、もうたっまたものではありません。
事務室内は煙で真っ白~
最悪です!

半年後に、私は事務室を禁煙にし灰皿を撤去しました。
応接室に、「喫煙用集塵・脱臭機スモークダッシュ(分煙機)」を設置し、喫煙専用ルームにしました。

1年に一回、スモークダッシュのフィルターを交換しますが、ヤニ汚れ凄いです。
スモークダッシュ設置しても、喫煙室にタバコの臭いは染みつきます。
タバコ吸わない私は、喫煙室(応接室)に入ると吐き気すら覚えます。

身体に有害とされる物質が、はっきりと証明されているタバコ。
それなのに、販売が延々と堂々とまかり通っているとは何ともおかしな話だと思います。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可