休日は草むしりに追われる日々です。
草取り担当の旦那の体調も近頃は今一で、
今後ますますの人力不足になります。

今回、植木屋さんの薦めに旦那が即乗りました。
敷地内の一部を「草の生えない固まる土」施工しました。

硬化剤の混じった土(見た目は砂のように見えました)を敷き詰め、
水をかけると固まると言う代物です。

植木屋さん、深さ5センチで仕上げると言っていたのに、
いざ、始まったら3センチ仕様になってます。
最初と話が違うって言ったけど、留守にしていたので後の祭り。
それでも、最終的に土の量は見積もりの1.5倍150袋必要でした。

3センチじゃ、すぐにヒビが入り、剥がれそうな気がします。
木の根元まで、すっぽり囲まれましたが、
幹の成長につれて、その辺のところがどうなるのか?
他にも施工面の端部の仕上げも、やや問題ありでした。
縁石で囲むなどして、施工端部が欠けないようにすべきだと思いました。

ここまで、車を乗り入れることはほとんどありませんが、
車乗り入れ不可になったのも想定外のことでした。
slDSCF1269.jpg

後日、「固まる土」をネットで検索してみたら、
3年位でカビが生えたとか、
すぐに、ヒビが入ったとかの情報もありました。

メーカー、種類、値段も様々、

車乗り入れ可のスーパーハードタイプもあるようですが、
それでも、モルタルほどの強度はないはずなので、
それとて耐久年数はどのくらいでしょうね。

今後、数年経過を見ないと良し悪しの判断はできませんが、
Goサイン出す前に、もっと色々調べて検討するべきだったjかも・・・。

関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可