2018/2/4

昨年12月中旬に施工した「防草対策の固まる土」
その後の検証

★まだ2ケ月も経ってないのに、今はこうなっています。
部分的に朝の霜柱で土が盛り上がり、浮き上がった土はバラバラと剥がれます・・・
sDSCF1303.jpg

★土が浮き上がり剥がれて来たところ
sDSCF1295.jpg

↓☆施工直後は、きれいに見えた施工場所・・・
白っぽく硬く固まった所と、赤っぽく湿った感じの所と固まり方の差だけが気になっていました。
slDSCF1269.jpg

固まる土は、真砂土とセメントが混ぜ合わされたものであるため、
その混ざり具合が均一でないことが原因だと思われます。
1ケ月半経過で、その違いがはっきりしてきました。

土の量も、当初の見積もりの1.5倍となり、結構な金額の工事でした。
マサファルト 2,000円×150=300,000円
工事費    60,000円

ほとんど固まってない・・・・
余り酷いんじゃないかと、施工業者に今の状況をメール入れました。
すぐに、電話がかかってきて一度見に来るとは言ってますが、見た所で状態は直らないでしょう・・・
さて、言い訳は何と言うのでしょうか?

体調不良で、草むしり出来なくなった夫が、業者の薦めにすぐに飛び付いた結果です。
いづれ別の業者でコンクリートに施工しなおす結果になりそうです。
無駄なお金使ってしまいました。

固まる土施工を考えられている方は、十分に検討された方がいいですね。

明日来ると言っていた施工業者(植木屋)さん、やはり気になったようです。
夕方に、訪ねて来ました。
全体的に、まばらに浮き上がった状態を見てもらいました。
こんな酷い状態になった所はなかったとのことでしたが、経験不足?
メーカーにも聞いてみると言っていましたが、
雑草の生えてくる春まで、様子をみてほしいとのことでした。
全面施工し直しより他には責任の取りようがないでしょう。
しかし、若い個人業者にそれが出来るとは思ってないので期待はしていません。

2018/4/22 追記

その後も、この固まり損ねた土の表面は雨のたびに側溝へ流れ出しています。
桜、藤、椿などの枯れ葉や花柄を掃くと、土も一緒に掃き寄せる結果となっています。
今の所は、完全剥がれて下土の見えて来た所と以外は雑草は生えていません。
しかし、風が吹くと土埃となって舞い上がっています。
乾燥した真砂土を入れたのとほぼ同じ状態です。
お薦め出来ない工事です。
関連記事
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可