孫達同伴の犬づれの旅行でしたが・・・

5月13日(土

恒例の犬連れ旅行、今年は初夏になりました。
前日の大雨が嘘のような上天気に恵まれ、少々暑いです。

お宿はいつものごとく阿蘇の「お宿 小笠原」です。
お料理は今一ですが、ドッグランの広さと
車を横付けできるコテージが気に入っています。

孫達もドッグランでワンズといっぱい遊ぶのを楽しみにしていました。
しかし・・・・

ディアナが、お宿まであと30分のところで嘔吐・・・
お宿に着いてからも、頻尿?渋りしっこが続きました。

おしっこの状態が確認できないので安静を保つ方が良いと判断し、
ドッグランでのディスク遊びは、一回だけにしました。
その後も、食欲、元気はあるので、散歩だけはしましたが・・・

slDSCF0983.jpg

slDSCF0984.jpg



5月14日(日)

孫達は朝食前にも、広いドッグランでバトミントンやフリスビーを楽しみました。
slDSCF0995.jpg

夜中も、朝の散歩後も、ディアナの渋りしっこは続いていました。
slDSCF0996.jpg

元気はあるのですが、もしオシッコが出てないと大変なことになるので、
早めにチェックアウトしました。


チェックアウト後は、孫達とは別れて休日診療している病院へ直行しました。
血液検査結果は、全て正常値でした。
初めての病院だったので、緊急性はないと言うことでお薬は出ませんでした。
急性腎不全等を心配しましたが、取り越し苦労で良かったです。

翌日、掛かりつけの医院で、処方してもらった抗菌薬で渋りしっこは治りました。
膀胱炎だったようです。
ただ、老化現象のひとつである変形性脊椎症がみつかりました。

詳細は、「愛犬日記」5/15にへ記載しています。

今回、燃焼しきれなった犬連れ旅行、涼しくなった頃にリベンジしたいです。

イタチが走り抜けるのを・・・

5月9日(火)

昼前、出がけに一瞬の出来事でしたが、
イタチが、モズの巣のあるヒイラギの横の塀の上を走り抜けるのを見ました。

庭に猫はよく入ってきますが、イタチは見たことなかったです。
嫌な予感がしました。

帰宅が遅かったので、巣の中までは確認出来ていませんが、
巣の下の方の枝に、PPテープが引っかかっていました・・・・
明らかに、巣が荒らされている気配が感じられました。
slDSCF0977.jpg

5月10日(水)

今朝、すぐに巣を見に行きました。
やはり、卵を抱いていた親鳥の顔が見えないようです。
まわりの木や、電線にも親鳥の姿ありません。

脚立持って来て、巣を覗いて見ました。
巣は傾き、中は空っぽでした。
slDSCF0978.jpg

毎年、キンモクセイの中、カイズカの中に、野鳥の巣がみつかっています。

ヘビ、カラス、イタチなど、天敵が多い中、
今年こそ無事に孵化し、巣立ってほしいと思っていましたが
残念でした・・・

迷惑ゴミ

5月7日(日)

草むしり始める前に、倉庫に道具を取りに行ったとき
南西のブロック塀内に初めは2匹のマツケムシを発見・・・。
何故、こんな大きなマツケムシが塀を這っているのか訝しく思っていました。
取りあえず、炭バサミで捕獲退治しました。

さて、草むしりも終わって、片付ける前に鳥の巣を覗こうと
東側へ脚立を取りに回った時に、
家の基礎に2匹、エアコンの室外機の上にも1匹、マツケムシを発見!
我が家のマツには、ケムシは付いてないのに、いったい何が起こっているの・・・・・・?

旦那を呼んで見せたら、昨日裏にマツのような剪定ゴミが出してあったからそれかも知れないと・・・
南側の塀の所へ行ってみたら、数匹塀の上を這っています。

これは大変です。
炭バサミとスプレー殺虫剤持って、裏のゴミ集積場所を見に行くと、
やはりとんでもないことになっていました。
ドイツトウヒ(マツ科)が、ゴミ袋に入れて大量に出してありました。
そこから大きなマツケムシがゾロゾロ這い出してきていました。

昨日、ドイツトウヒの大木を剪定していたのが我が家からも見えていました。
マツケムシが付いたので、切ったんでしょうが、
ごみ袋の口は開いている、袋はあちこち敗れている・・・
まして、殺虫処理もせずに出すなんて、ケムシが這い出すことを考えなかったんでしょうか・・・?

その家のゴミ集積場所は、別のところです。
しかし、こちらが近いので昔からここに出して来ているようでした。
それだけなら、まだ我慢できますが、今回は非常識極まりないゴミの出し方に憤り感じています。

這い出して来るケムシにスプレー殺虫剤かけたり、炭バサミで捕獲していましたが、
何しろ、大量なゴミ袋なので限がありません。

このままだと、ゴミ回収車が明日回収に来るまでにどれだけのケムシが這い上がって来るか知れません。
これは、何とかしてもらわないと・・・
意を決して、この剪定ゴミを出したお宅を訪ねましたが、門扉に錠がかかり誰もいません。
近所の方の話では、そこは老夫婦が亡くなって、息子さんが時々家を見に来ているらしいと・・・。

困りました・・・
仕方ないので、旦那と相談して私達でケムシ駆除することにしました。
消毒薬(ケムシ用)を濃い目に噴霧器に5リッター作って、
集積所に出されている12袋のゴミ袋の中に
これでもか、これでもかと撒きました。
強烈な消毒の臭いが当たり一面に広がりましたが、
ゴミ袋の中のケムシは一応退治出来たようです。

しかし、既に侵入しているケムシがまだいるかも・・・
その後も数時間おきに、敷地内の塀、基礎、壁等をくまなく見て回りました。
やはり、その後も数匹発見、捕獲駆除しました。

今日は、自宅の庭木の消毒は日延べしたのに、
他家の剪定ゴミを消毒をする羽目になるとは、
何とも腹立たしいGWの締めになりました。

就寝前に、最後の点検
深夜、懐中電灯を持って、見て回りました。
夕方と同じ基礎のモルタル(通風孔横)にて、また1匹捕獲駆除(;д;)

GW最終日

5月7日(日)

GW最終日、やっぱり庭仕事になりました。
草むしり終わったと思っていましたが
北西の角、車庫と桜の間のスペースをすっかり忘れていました。
ここは桜の落ち葉、ケムシの糞のおかげで、
土壌が一番良くて、ふかふか・・・
雑草も、ヒヨコグサ、コオニタビラコだったので、
ズボズボ簡単に抜けました。
落ち葉と一緒に掃き集めて終了。
slDSCF0967.jpg

桜の横の椿3本も今ならまだ茶毒蛾がついてないので剪定することに。
例年通り、バッサバッサと小さめに仕上げました。

その横、キンモクセイとクロガネモチ
これも、小さめに仕上げてこれで終了。

連日の庭仕事に疲れて、庭木の消毒は今日は止めにしました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


モズの卵


ヒイラギの中の野鳥の巣が気になります。
親鳥が留守なので、巣の中覗いてみました。

小さな卵が6個入っていました。
これはやっぱりモズの卵のようですね。

slDSCF0959.jpg

夕方、親鳥が巣の中に戻っています。
可愛いお目目が見えました。

昼間は親鳥いないみたいだけど、
モズって夫婦で交代で卵温めないの・・・?

FC2カウンター

最新の記事

カテゴリー

プロフィール

*Admin

ルナママ

◆管理人:ルナママ
2001年に、ボーダーコリーのルナと共にネットデビュー(笑)。
HP作りに嵌った時もありました。時の流れに身を任せ、今はブログをボチボチと・・


『四季折々・・・』
ルナママの雑記帳
このメインブログ
更新中
Since2005/10/17~


愛犬日記
ワンズの健康記録等
更新中
Since2002/8/1~


◆ボーダーコリー『ルナの部屋』
閉鎖
Since 2001/9/18
Closes 2014/4/30

ブログ検索

最近のコメント

月別アーカイブ

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

我が家の鎹(カスガイ)たち

子は鎹、既に鎹が巣立った我が家で、鎹の役割を果たしているのはワンニャンたち。

script*KT*

メールフォーム

メールが受信できない不具合を修正しましたので、宜しければご利用ください。

お名前:
あなたのメールアドレス:
ご用件名:
本文:

守りたい命、育てたい命

【ご協力をお願い致します】

*BCRN* ボーダー里親さん募集中
全国ネットのボーダーコリーレスキューのボランティア団体
↑読み込むたびに、現在新しい家族募集中の保護犬たちがランダムに表示されるようになります。


*BCF* ボーダー里親さん募集中

関西を中心に西日本エリアでボーダーコリーレスキューのボランティア活動をしているNPO(非営利市民団体)

*2008/6/14(土)
「シリアスブリーダー」と「パピーミル」とは?

  • 記事へのコメントは歓迎致します。誹謗中傷などふさわしくないコメントはご遠慮ください。
  • トラックバックは実施しておりません。従って、画像・文章などを許可無く持ち出さないでください。
  • *Admin

ワン友達のブログ

ネット通販

【お気に入りのショップをご紹介】

オセロゲーム

ちょっと強くなっていますよぉ~ 頑張って(^_-)ネッ
by Orfeon

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

計算カトレーナ

次々と出てくる算数問題を解いて算数力を鍛えます。

by Orfeon